友達がフィリピーナと婚約

ちょっと騙されているというか、あまりにも条件が変じゃないか?と思うのですが、Aさんはマキちゃんと婚約しにフィリピンへ行くことになります。このとき、マキちゃんは既にビザ切れで先に帰国していました。偶然にも私の初めてのフィリピン旅行がAさんと同じ日程でマニラに行くことになったのです。

フィリピンパブで働く彼女と結婚、プロモーターに違約金が必要だって」の続きです。


マニラ空港
マニラ空港を出ると大勢の人が柵の向こうから空港側を見て待っています。

マニラ空港が近づいてくると機内も暑くなってきました、窓から外を見るとトタン屋根の物置みたいな家屋がたくさん見えます。その時は、あまりわからないのでボロイ家が多いんだなと軽く考えた程度でした。

Aさんはフィリピンに2~3回来たことがあるので、初めての私より先輩です。イミグレーションを過ぎ、(ここでもいろいろあったが)、空港から出るとマキちゃんが待っているはずになっています。

想像以上に暑いフィリピン、立っているだけで汗が噴き出てきます。Aさんは渋滞でマキちゃん空港についていないって電話で話してる、正面をみるとなにやら大勢のフィリピン人がこちらの方を見ています。

ファンが芸能人でも到着するのを待っているのかな?

宿泊予定のホテルタクシーでマキちゃんが現れました、さっそく乗ってまずはチェックインしにホテルへ向かいます。この時予約したのは パン パシフィック ホテル マニラ で、これが日系ホテルなので良いよ~ということで予約。当時の料金で1泊、1万円くらいだったと思います。

初めてなんで、とにかく何もわからないままマニラ空港から海沿いを走り、クーラーが弱く車内が厚いのを我慢していきます。ホテル到着後は全部Aさんとマキちゃんにおまかせでチェックイン、ボーイに部屋まで荷物を運んでもらい、少し休んであとで呼びに来るというのでシャワーして昼寝。




部屋は綺麗で広く、これで1万円なら安いな、日本だったら5万円くらいするんだろうな~
無駄に広い部屋を1人で探索して、何がどこにあるのかバスルームから見て回りました

しばらくするとノックする音が聞こえ、Aさんとマキちゃんが入ってきました
たぶん久しぶりだから、再会のをしてたんでしょう(笑)

まずは両替をしに近所へ出かけようということになり
必要分の現金を持って両替屋に行きます
そもそも両替屋で日本円とフィリピンペソを両替することさえ知りませんでした

マラテという場所は、ホテルは綺麗だけど道は臭いし汚い、挙句の果てに物貰いをする子供が寄ってくるので危ないからと早歩き。


edzen01

こんなような両替所へ行き、きちんとその場でお金を数えないといけないとか
出る時にスリに注意しろとか、危ない話ばかり
歩き方で観光客か、慣れていない人か見抜かれるので気をつけろと教わりました。


Robinsons-Ermita

次に向かったところはロビンソンというデパート、道路が油で汚れたような黒ずんでいて、段差が大きく暑い中全て徒歩で回ります。デパート内にはものすごくフィリピン人がたくさんいて(フィリピンだから当たり前)、「フィリピン人ってこんなにたくさんいるんだ~」と変な感動を覚え

テナントはたくさなるし、人はいっぱいいるし
フィリピンって貧乏な国じゃなかったっけ?
なんだかイメージが違うんだけど・・

Aさんは笑っています、私が見る物すべてが初めてなんできっと面白かったんでしょう
携帯電話ショップに行くと言うのでくっついていき、新しい携帯電話を購入しています。
いま思えば、LOADをチャージしてたりしてたのでしょう

値段が日本円の半分くらいだから、フィリピンは物価が安いんだなと感じ
あとで考えれば、1万円が5000ペソなのに、5000円の感覚で見てたからでした。

歩いている途中、Aさんが前回はここのホテルに宿泊したんだよと「 パーム プラザ ホテル 」を指差したのを覚えています。この日、宿泊している「 パン パシフィック ホテル マニラ 」とはランクがかなり違うのも知らず、いま思えば婚約するのでAさんホテル代も奮発したんだな。


■マラテ・エルミタで安いホテル5000~1万円■
1)パール ガーデン ホテル パンパシの斜め前
2)エグゼクティブ プラザ ホテル 名前はエグゼクティブだけど・・・
3)マニラ パビリオンホテル 古いけど大きくてカジノがあるホテル値段の割に良い
4)ロータス ガーデン ホテル マニラ 5000円くらい
5)ダイヤモンド ホテル フィリピン このクラスのホテルは良い
6)ハイアット リージェンシー ホテル ここもセキュリティグレード良い

マニラお得なホテル


彼女を信じて大丈夫なの?

Aさんの結婚なので水を差してはイケナイと黙ってたが、彼もさすがに文句を言ってた。マニラに到着して予算100万円はマキちゃんが日本人が持ってると危ないからと預かるという。財布も彼女が管理することに、帰国する時に残った金額も返して来なかったという。

婚約指輪80万円を買ってきた、フィリピンの物価から考えると「婚約指輪に80万円を使う人」って後にも先にもAさんだけだった。それって、わざと高級品を買わせて後で換金するのが目的だったんじゃないの?と疑ってしまう。

変だなと思うところはまだ出てくる、家を建築するとか、学校に行きたいとか、日本に来ないとか・・・
この話は次回に続きます。


こちらをご覧ください⇒ http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking.html