北海道、フィリピン人観光客増加


PAL

訪日外国人客数が過去最高記録を連続で更新、東南アジアからの観光客も増加しておりフィリピン航空が北海道への直行便を週3往復する就航を発表した。北海道を舞台に撮影されたフィリピン映画の影響で、フィリピン人観光客が北海道に増えているという。

【参考過去記事】
フィリピン人が北海道札幌が好きな理由
kita kita 全編動画、日本が撮影舞台となったフィリピン映画

フィリピン航空は2018年9月10日より、マニラ空港~新千歳空港を週3便、6往復する路線を開始する。定期便は月曜日・水曜日・金曜日で、フィリピンと北海道が定期便で結ぶのは初めてのこととなる。観光ビザ緩和や、フィリピン国内で「北海道、札幌」の認知度が高まり人気の観光・旅行先としてニーズが増えているという。

北海道を撮影舞台にした「Kita Kita」というフィリピン映画が2017年に流行したことが、更に北海道への人気を高めるきっかけになっている。また北海道発祥のラーメン山頭火(Ramen Santouka)がフィリピン国内で出店加速しており、北海道ラーメングルメにも関心が高まっている模様。


北海道観光ランキング


hokkaido-ranking-win

映画「kita kita」では道内の夜景、札幌時計台、モエレ沼公園、小樽の運河クルーズ、温泉で足湯につかるなどが登場している。 主人公の男女二人が足湯につかりながら「アシユー(I see you)」とダジャレを言い、映画タイトルの「kita kita」の英訳「I see you」と掛けているセリフも話題となった。

フィリピンのような南国に住む人は、雪に憧れ
北海道のように寒い地域に住む人は、南国、海に憧れる

お互いに正反対の魅力を持つ土地柄に直行便が就航することで成功が期待される。

■フィリピン宿泊情報■



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ