飲み放題60分4,000円 焼酎・ウイスキー


過去、日本のおじさん達を魅了したフィリピンパブ、今はタレントと称する若いフィリピーナがビザの関係で入国が難しくなり、あれだけ日本全国、どんな田舎にも必ず一軒はあったフィリピパブが激減した。

キャバクラ、外国人パブ、スナック、銀座の高級クラブは2次会、3次会で飲みに行く場所だったが、今は時短営業、3密防止で外で飲むことが、ほとんど無くなった。

mayon2_20200925_cast-630x473

今はどうしてるのだろう?とネット検索すると、まだまだ健在だった。フィリピン好きな根強いファンがいるのだろう、飲み代も飲み放題4,000円で比較的安い部類だし、レディースドリンクを控え目にしていれば1万円でおつりがくるならお手頃な夜遊びだろうと思う。

フィリピンパブ情報サイト「フィリピンパブどっと混む!!」掲載の写真を拝借しましたが、ホステスさん達はマスク着用、フェイスシールド着用などでコロナ感染対策をしているのですが、飲み屋の接客でこの光景がものすごく違和感を感じるのですが、それも社会情勢を鑑みると仕方がないのでしょう。

フィリピンパブが多い地域、江戸川区西葛西駅前から徒歩3分にある「マヨン2」は、昨年東京都から感染防止徹底宣言ステッカーを取得して営業していたのに、新型コロナウイルス集団感染クラスター発生したとニュースで有名店になりました。

2020年8月ニュース
フィリピンパブ「マヨン2」コロナウイルス集団クラスター発生

西葛西駅周辺のフィリピンパブ


mayon2-Nishikasai

フィリピンパブ マヨン 2(Mayon 2)
東京都江戸川区西葛西3-15-11 第2江の本ビル 4F
東西線 西葛西駅 徒歩3分
03-6663-9234
19:30~ラスト
年中無休(元旦のみ店休)

フィリピンパブ マヨン(Mayon)
東京都江戸川区西葛西6-12-9 Egg’s23ビル 4F
東西線 西葛西駅 徒歩5分
03-3675-6588
19:30~ラスト
年中無休(元旦のみ店休)

クラブ 令和
東京都江戸川区西葛西3-15-11 第2江の本ビル 6F
東西線 西葛西駅 徒歩3分
03-3687-4351
19:30~ラスト
年中無休(元旦のみ店休)

フィリピンパブ ブライトスター
東京都江戸川区東葛西5-2-15 BIG WEST かさい2F
東京メトロ東西線「葛西駅」徒歩2分
03-6808-5075
20:00~ラスト
年中無休

フィリピンパブとは


フィリピンパブ嬢の社会学(新潮新書)


フィリピン人が接客するパブ、飲食店で、フィリピンクラブとも呼ばれる。1960年代にフィリピンから日本へミュージックバンドが来日してた、フィリピン国民性なのか音楽感性が優れているのか、ディスコや米軍基地に出稼ぎバンドがよく来ていた。

その後1980年代、日本国内はバブル経済に向かって行く。マニラから日本へフィリピン人女性を送り出すプロモーター業が盛んになり、日本国内では北海道から沖縄、八丈島に至るまで日本全国各地にフィリピンパブが増えて行った。

フィリピンパブで働くフィリピーナに話を聞くと「タレント・ビザ」で来日しているという、日本語で言うと「興行ビザ」になりエンターテイメントとして6カ月間の滞在で来日。

今でこそ「夜の街関係者」としてコロナ感染拡大防止のために、夜の繁華街は店を閉める、時間短縮営業を余儀なくされているがキャバクラよりも料金が安く外国人パブの先駆けであった。

中島 弘象のフィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ