出会いも別れもフェイスブックが原因

SNSは便利だけど、危険でもあって、そもそも彼女と知り合うきっかけはフェイスブックだったのに、彼女と別れる理由もフェイスブックだったという話。フィリピーナのFecebook Adik は異常とも思える、意地悪して毎日フェイスブックしている時間が収入になったら高給取りなのにね~ 収入にならないのに一生懸命やってどうするの?

SNSでの出会いは予想外に良い出会いもあった、3年くらい付き合った彼女もいたし、会った事は無いけどFBだけの長い友達もいる。たまに悪い出会いもあった、友人が喜んで初顔合わせに行ったら待っていたのはバクラだったとか(笑)

別の男の子供を妊娠?という疑惑が発生とか

http://internet.blogmura.com/facebook/ranking.html

break-heart

別れる原因となったフェイスブック いいね!

出会ったのがフェイスブックなのに、付き合うようになったら彼女が私にフェイスブックは止めて!アカウント削除して他の女とチャットしたり、写真を見て目の保養にしないで!と言い出した。

フィリピーナ特有の「束縛・嫉妬」が始まった、彼女の言い分は本物の愛だから嫉妬する、ジェラシー無くなったら愛が無くなったという意味ダカラという。

ある程度は納得できるが、自分勝手な言い分だなと感じる。

facebook-like
彼女への対策として
友達リストを見せないようにする
友達以外は内容を見せないプライベートモード
できれば「いいね!」とかコメントはいらない
だけど、いいね!された方が反応があって面白い

誰かに見てもらったり、いいね!やコメントの反応が楽しいのがSNS
その部分を無くすと面白みに欠ける



彼女に恐ろしい行動された
FBルールとかありそうなもんだけど、自分のFBにいいね!・コメントをした相手に
勝手にメッセージを送り、どういう関係だ?私のボーイフレンドとチャットしないで!
浮気者だから、あなたは騙されるぞ!と警告をねつ造したり
ネチケ(ネットエチケット←古い言葉だなぁ・・・)なんてあったもんじゃない



ヤキモチのすごい彼女だと友達が減る
これは事実、そう思った
FBだけの友達なら無くなっても関係ないけど
たまたま過去に関係のあった女性にもメッセージを送られてた
そうなると、もう大変! 女同士の嫉妬、妬み、嫌がらせ
これはストレスしか生み出さない

結局、ストレスが負担で別れた

SNSは便利だけど、怖い部分もある
上手に使いこなすことが秘訣か


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ