フィリピンパブで6か月働く

遠く離れた日本へ行き、仕事はシンガー、ダンサーという名目の興業ビザで来た若いフィリピーナ。当時は6か月間の興業ビザで来たので「タレント」と呼ばれていた。最初は知らないので、フィリピンパブで飲んでて会話の中で「タレント」というから驚き、笑ってしまった。なんの取り柄も無さそうな、しかも大して美人でもないのに「タレント」というから・・・・

フィリピンでは学歴も無い、仕事も無い、貧乏脱出の夢も可能性も無い
じゃぱゆきさんが田舎で大きな自宅を建てた、車を買った、ビジネスを始めた
そういうジャパンドリームが当時はまだ強くあったフィリピン

日本で働くということは、彼女らにとって大きな収入を得るビッグチャンス

それだけにじゃぱゆきで仕事をするということは、本人にも家族にも期待の大きいものだった。

彼女等はフィリピンパブから再びリクエストがあれば、もう一度すぐにビザ申請をして日本で仕事にありつける。ところが、中には水商売がむいていなくてフィリピンパブに呼べるお客さんがいないタレントはお店からリクエストが来ない。そうなるとフィリピンに帰国後、再び仕事にありつけるまで貧乏暮しに逆戻りしてしまう。

フィリピンパブランナウェイ

マニラ・ホテルおすすめランキング(写真付き)
フィリピンに帰ると貧乏に逆戻り

家族を助けることができない、それならばオーバーステイになっても日本に残り仕事をして送金をすればフィリピン家族を助けることができる!

簡単にイリーガルなことでもやっちゃうフィリピン人?と思ったけど

しかし現実問題としてフィリピンの生活は本当に厳しい。食べていくこともままならない、そのくらい切羽詰まった状況は日本人にはわからないというのが彼女らの言い分だ。

当時よく飲みに行ってたフィリピンパブのタレントが帰国直前にランナウェイした。しかもそのタレントとは関係があったのに、本当にオーバーステイ覚悟でランナウェイするとは思ってなかった。

帰りたくない・・・、そう相談を受けていたけど帰国するタレントを匿う訳にもいかないし、正論で一旦はフィリピンに帰国してまた来れば良いじゃないの!と話してた。

再リクエストがなくてフィリピンに帰れば貧乏生活に逆戻りが、ものすごく彼女等に大問題だったのだ。それをわかってあげられなかった事、仮にわかってもイリーガルな助けをすることは出来ないし・・・

しばらくすると、東京から山梨の知り合いを頼って逃げたことがわかった。しかもランナウェイを手伝ったのは、よくお店に通ってたお客さんだという。その後、ビザ無しで離れた土地で仕事をしながらどうなったのだろう・・・?


現在特典付きお得なホテル情報 マニラ

4月~5月にゴールデンウィークを控え、マニラ市内の特典付きおすすめホテルが4件ヒットしている。どれもエルミ タ、マラテのKTVが近くにあるロケーションで、観光客がマニラ夜遊びをするには便利な場所。日本食レストラン、居酒屋なども揃っているし、近くにはロビ ンソンもあって買い物も便利。少しベテランな方はLAカフェでナンパするにも近所で便利。

特典付きマニラおすすめホテル

マニラで一番人気はパンパシフィック・ホテル、いまパッケージ特典付きになっている。安倍首相が2015APEC フィリピンで宿泊されたダイヤモンドホテルが35%OFFになっている、パールガーデンホテルはパンパシフィックホテルの斜め前、もともと安いホテルなの で10%OFF、これも似たようなエリアでアドリアティコスイーツは宿泊料金が30%OFFになっている。

マニラ・ホテルおすすめランキング(写真付き)

マニラおすすめホテル(写真付き)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


フィリピン情報 甘え上手のフィリピーナ